山運ブログ

月別アーカイブ : 2017年7月

2017
07.31

復興に貢献

  
先日福島県にお邪魔しました。

その時に飲んだ

サッポロビール。

「ふくしまの

   おもてなし」

その下に書かれた文言。

“この商品は売上の一部を

   復興支援に役立たせていただきます”

日本の福島だけあって

2本頂きました。

コツコツと

出来る範囲で復興支援。

遠く離れた我々が出来ることです。

2017
07.28

またもや

  
トラクタが

またもや故障した。

先日修理した別の車両ではあるが

同じ箇所が原因のようだ。

  

 

ヘッドガスケットが抜けて

ブロックとヘッドの継ぎ目から

油がにじみ出ている。

まだ33万キロ。

早すぎる。

直6エンジンになり

馬力確保のため

大型化されたタービン。

小さいエンジン内部に

圧縮された空気を無理やり送り込み

燃料を吹きかけて

爆発させる。

爆発による熱が原因なのか

異常と言えるほど

ヘッドガスケットが抜けることが多い。

排ガス環境問題で

ターボなしのエンジンが製造できないが 

はっきり言って

昔のトラックの方が

致命的な故障は少なかった気がする。

2017
07.27

大丈夫か、これ?

過疎地限定で貨客混載を可能に

自動車運送業の担い手の確保と

輸送需要の減少が深刻な課題である

過疎地域での人流・物流サービスを持続させるため

国交省は貨物・旅客事業の「かけもち」が
できるようにする。

今回の措置で、トラック運送事業については

過疎地域限定で、一定の条件を満たした場合に、

乗合バス・貸切バス及びタクシー事業の兼業が可能になる。

国交省は7月30日までに

パブリックコメントを実施したのち

8月7日にも

通達を発出、9月1日からの施行を見込んでいる。

「自動車運送事業者は貨物または

   旅客運送に特化する」という従来のあり方を変える

トラック事業者が過疎地で、有償で旅客事業を行うには

一般旅客運送事業の許可を受け

最低車両台数や輸送人数の上限などの上限を満たす

必要がある。最低車両台数は、旅客運送事業を

行う車両を含め「トラック事業許可に必要な最低車両台数」

である5台を上限に、輸送可能な人数を

「車両の定員」とする。

また事業開始には

旅客の運行管理者についても選任が

必要となるが、同省は「貨物自動車運送事業

輸送安全規則の解釈及び運用について」を

一部改正し、同一敷地内の同一事業者について

旅客自動車運送事業の営業所の

運行管理者・補助者の兼務ができるようになる。

運行管理者・補助者の兼務には

貨物と旅客両方の資格が必要になる。

運行管理者の人数は

より多くの数を必要とする事業種類の定めに応じて

選任する。なお旅客運送を行うドライバーは

2種免許の取得が必要となる。

だって、

考えは面白いと思うが

根本的に

ドライバー不足が深刻化している中で

一体コレが根ずくのだろうか?

いささか疑問を感じます。

2017
07.26

ぜひ実現を

前々から言っているように

国会中継をゴールデンタイムで。

下手のバラエティよりも

数字とれますって。

間違いなくプロ野球中継より上がりますよ。

「記憶にありません」

「私の記憶をたどる限り

   お会いしておりません」

いやぁ

記憶という言葉が

フィーバーしてますわ。

子供には見せられない番組かもね。

お母さんが子供を叱っても

「記憶にございません」

国会議員が言ってんだもん。

絶対真似するよ。

ノラリクラリと的を得ることない

国会審議。

一回

国会開くのに

いくらの税金が投入されてるか知ってます?

・・

・・・

・・・・

35億!!

・・・・・

いや3億!!

数字取れたらスポンサーも着いて

安価に国会開けるんちゃう。

九州や東北で大雨災害で

苦しんでる人が沢山いるのに

2日で6億円。

そっちに使った方がイイちゃうの?

見てて腹立つわ!!

2017
07.24

JR博物館

  
先日行った

レゴランドが不評で

実はあれから

近くにあるJR博物館に行った。

実は2回目だったりする。

レゴランドに比べて

規模は小さいが

何よりも室内。

科学の力

エアコンガンガン!!

なんて最高な場所なんだ。と

レゴランド行ってからの

JR博物館は天国である。

   
 
小学生の頃みた

特急しなの。

懐かしいって

新潟とか電車で行くと

まだ見かけたりする。

この振り子タイプ車両では無いですが。

  
前の名古屋駅にあった時計。

超懐かしいです。

  
私が行った時は

初代新幹線

0系タイプの運転台に

無料で入れました。

ここ数日前からは

500円と有料になったみたいですがね。

夏休みで

儲けようって魂胆。

大人の考えそうなこと。

リニア中央新幹線の

車両に実際に乗れ

走行体験ができます。

コレが一番面白かった。

レゴよりも。。。

列車好きにはたまらない聖地ですよ。

1 / 41234

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売