山運ブログ

2018
03.10

新時代到来か?

  
路面切削機の新型が発表される。

昨年、酒井重工業から

ER555Fが発表された。

環境と安全に特化した新型機。

重量は約30トン。

トレーラーに積載すると

車両総重量が55トン前後になり

特殊車両通行許可証には

夜間運行と先導車の条件が付く。

無論高速道路は走行出来ない。

年度末の繁忙期になると

現場の数に対して

路面切削機の数が不足し

少ない機械を

あちこちに振り回さないと

工期に現場が終わらないのが現状。

昼間指定の現場もあれば

夜間指定の現場も多くあり

昼間使った機械を

夜間現場に輸送するのも多い。

荷物の重量が重いから

夜間運行になるわけで

軽くしてしまえば昼間でも

高速道路も走行できる事になる。

今回発表されるCRP-S150Cは

重量が約20トン。

回送重量が約45t。

シングルヘッドと組み合わせれば

約43tまで軽量化され

特車も取りやすくなる。

切削幅が150cm。

切削深さまで分かりませんが

ひょっとすると

日本での切削のあり方が

変わるかもしれない機械ですね。

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売