月別アーカイブ : 2013年9月

2013
09.30

外車

建設機械にも外車がある。

ヴィルトゲン、フェーゲル、ABG、デマーグ等々

この間訪問した陸前高田で

ちょっと変わったタイヤショベルを発見した。

思わず撮ってしまった。

ボルボ ショベル

VOLVOのタイヤショベル。

大きさはコマツのWA40くらい。

見た感じは同じだが、左からしか乗り降りできない。

建機業界もこれからは外車の時代到来かも・・・・

 

 

2013
09.29

震災復興

岩手県陸前高田市。

町の沿岸部が壊滅し、今では瓦礫も撤去され

手つかずの造成地のように雑草が生え

町全体が見渡せるほど何もない。

陸前高田③

海から1キロ近く離れていたが、磯の香りが広がっている。

建物があったであろう土台の片隅には花が供えられている。

陸前高田⑥

この写真は以前訪問した時に撮ったものです。

1枚目の写真は2枚目の写真の中心あたりに見える

3階建ての建物のあたりで撮影しました。

 

道路を走行しているとマンホールが飛び出ているところが

いたるところにある。町全体が地震の影響で下がってしまった。

町から海を見ると、トンパックを積んだ仮設の堤防で分かりづらいが

町より海のほうが高く感じる。実際海のほうが高いかもしれない。

それほど町全体が沈下しているのだ。

陸前高田②

町のいたるところに、このような山が点々としている。

山のてっぺんに0.7BH。

よく見ると10トンダンプも写っており、この山の大きさが

どれくらいの物か想像できると思います。

0.7BHがいる高さまで町全体を嵩上げしようとしているのだ。

地上からの高さは12メートルあるそうだ。

嵩を上げるには大量の土がいる。

陸前高田⑦

山が削られているが

写真に写っている山からダンプで持ってきて

積み上げられたそうだ。

町全体を嵩上げするには日本中のダンプをかき集めても

何年もかかり、コストもかかる。

そのため山から市内中心部まで巨大なベルトコンベアーを建設し

土砂を送る計画だそうだ。

少なくても写真に写っているすべての山は嵩上げ後には

消滅するらしい。嵩上げした町は商業地となり居住エリアは

高台に移ることで進められているそうだが

以前と同じ大きさの家や土地が与えられるかは

まだ検討中。

少しづつではあるが復興が進んではいる。

だが、陸前高田市は復興モデル都市となっているため

他市よりも復興は早い。

宮城県気仙沼市や南三陸町など

いまだ車両が放置されていたり

建物が当時のままだったりと

場所によっては手つかずの場所が多数あるのも現状。

震災直後は毎日というように報道機関を通じて

「東日本大震災で・・・」というキャスターの声を聞いたが

最近では福島の原発問題しか聞かなくなったように思える。

現地では我々から集めた義援金が役所職員が使い込んでいる

報道もあったそうだ。

 

何にしても1日も早い復興を願います。

 

 

 

 

 

 

2013
09.28

ミッションコンプリート

前回紹介したガラクラッシャー

無事 岩手県大船渡市の震災で発生したがれきの

2次選別処分場に納品いたしました。

静岡県磐田市から岩手県大船渡市まで高速道路を使わず

休憩を繰り返しながら21時間。

やり遂げた感 満載です。

大船渡 現場②

 

大船渡 現場③

岩手県では大船渡市と隣町の陸前高田市が

比較的早く復興が進んでいるそうです。

街中も大通りを走行する車の半数がダンプやミキサー車でした。

ダンプ 陸前高田市

福島県から東北に入り、あちらこちらで目にする

「がんばろう!! 東北!!」

「負けるな!! 東北!!」

「がんばっぺ!! 福島!!」

 

2020年東京オリンピックが開催する事が決まり

日本全国が盛り上がったかのように思えた。

が、昨日 現場の近くで食事をしたとき

地元住民と会話する機会があり

「あんなのは東京だけだよ。そんなことより

 東北の復興を早くするっぺぇ。オレ等住むとこも

 ろくに無いんだから・・・」

2020年のオリンピック開催時

はたして彼等の土地や家はあるのだろうか・・・

今のままでは仮設住宅でオリンピックを見ている人も

いるのではないか。

 

次回の更新では

今現在、陸前高田市が行っている震災復興について

現地で聞いた話と写真をUPしようと思います。

 

 

 

 

 

 

2013
09.26

ガラクラッシャー

現在 岩手県大船渡市に向けて移動中。

震災復興の少しでも手助けに・・・

ガラクラッシャーを回送中です。

スウェーデンの機械らしい・・・・

あくまでも積み地の整備のオジサンの話だが・・・

ガラクラッシャー①

もっとデカいのかと思ったが小振りだった。

でも18トンあるらしい・・・・

あくまでも整備のオジサンの話だが・・・・

ガラクラッシャー②

安全運転で回送いたします。

御注文頂きましたお客様 誠にありがとうございます。

 

 

 

2013
09.26

第一弾

名古屋も朝晩はかなり過ごしやすくなった。

秋は確実に近づいている。

そしてこの手の工事も・・・

中国道 安全大会①

そう、集中工事である。

秋の陣 第一弾は中国自動車道 集中工事

10/7(月)~10/26(土)までの3週間の長期戦。

切削オーバレイ工・増圧工事・橋面補修工事 等々

てんこ盛り。

無事故・無災害で頑張ります。

1 / 3123

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売