月別アーカイブ : 2013年12月

2013
12.31

年末挨拶

東北地方を襲った大雪。

高知県四万十市で41℃の猛暑。

日本各地で発生した竜巻。

毎週のように発生し上陸した多くの台風。

 

日本経済は自公政権に代わり

アベノミクス効果??なのか

徐々にではあるが右肩上がりで

公共事業も増加したこともあり

建設業は人・物・運送が

全国的にも不足する状態が現在も続いている。

異常気象と転換期の2013年がまもなく幕を

閉じようとしている。

 

皆様にとって2014年が幸多き

より良い1年でありますよう

心よりお祈りし

2013年度最後のブログに致します。

良い年をお迎えください。

2013
12.30

忘年会

28日(土)御用納めのあと

大忘年会が開催された。

社長の挨拶から始まり

乾杯の発声でゴングが鳴った。

烏龍茶を入れるピッチャーにレモンチューハイを

入れて、ニコニコしながら飲む新入社員のH。

負けじとピッチャーにチューハイを入れて

がぶ飲みする 協力業者のH。

 

頃合いを見計らって

社長からサプライズが・・・

2013山運忘年会④

社員1人1人に手渡され

手渡された社員は、今年の反省と来年の抱負を

全従業員の前で発表。

2013山運忘年会①

面白おかしく事は進んみ

烏龍茶を入れてニコニコ飲む新入社員Hは

別の進入社員Kとイッキ対決。

協力業者H は強烈に場を盛り上げ

徐々にエスカレートし

額に爪楊枝を6本突き刺し

体を張って抱負を語る中堅社員のⅠ。

それを見て悲鳴を上げる

会長と事務員T&Ⅰ。

腹をかかえて笑い転げる社員多数。

なんて会社に入社してしまったんだろうと

思った新入社員E。

爪楊枝の芸に興奮し再びイッキしたがる

新入社員H。

それを見て仲間に入りたがる

当社1番の長老M。

 

実に楽しい大忘年会でした。

2013
12.28

中部切削組合

中部切削組合①

先日 中部切削業協同組合の忘年会が

名古屋キャッスルプラザホテルにて行われました。

中部切削組合②

多数の業者が参加し

盛大に行われました。

 

 

2013
12.25

みかんの剥き方

先日 静岡県浜松市の協力業者より

三ヶ日みかんが送られてきた。

全国的にも有名なみかんだ。

果汁も多く甘くて非常においしい。

この時期は特においしく感じる。

こたつに入ってみかんを食べながら

正月テレビを家族で見るのが

日本人の正しい御正月の姿。

 

みかんに剥き方があるの知ってますか?

だいたい

ヘタと逆側、指を突っ込みやすいほうから

剥いていく人が多いように思える。

この剥き方だと白いスジが残りやすいの知ってました?

この白いスジ 実は栄養があったりもする。

正月テレビに飽きると、白いスジを取りまくって

ツルツルになった実を家族に自慢したものだ。

 

ちなみに和歌山県民は

指を突っ込み

そのまま力ずくで4等分に割る。皮付きのまま。

4等分になった1房を取って皮を剥いて食べる。

この剥き方を和歌山剥きと言う。

 

 

逆に最初の指が入りづらいが

ヘタから剥くと白いスジまで比較的綺麗にとれる。

 

ちなみに美味しいミカンの見分け方は

艶と色が濃く、ヘタの切り口が小さく横から見て

扁平なものだと果汁が多く甘みが強い。

スーパーなどで詰め放題の時に参考にしてください。

 

 

 

2013
12.24

激戦の裏側

今現在 繁忙期を迎えている。

山下達郎。

ケンタッキーフライドチキン。

おもちゃ屋。

ケーキ屋。

クリスマスですな世間は。

ラジオを聞いてもクリスマスソング。

テレビを見てもサンタクロースとクリスマスソング。

いつからクリスチャンになったのって感じ。

 

企業もクリスマス商戦まっただ中。

特に注目したいのは

コンビニである。

クリスマスケーキの販売から始まって

今やケンタッキーの十八番でもあるチキンまで・・・

テレビCMを見ても

綾瀬はるかが『SO GOOD!!』なんてケンタッキーのCM

が終わったすぐ、

ファミリーマートのクリスマスチキンなんてCMが・・・

 

最近では豆挽きコーヒーが各コンビニで販売され

飛ぶように売り上げを上げている。

コンビニスイーツも激戦中の激戦であり

年々新作が発表され

もし仮に店内に小奇麗な

イートインスペースが充実したら

スイーツ + コーヒーを武器に

スターバックスやドトールコーヒーなど

大手コーヒーショップが悲鳴を上げる日も

近いかもしれない。

 

 

イオンなどの大型総合スーパーが次々と町のあちこちに建設され

さらには大型店舗の薬局やホームセンターがいたるところにある。

20年前には考えられなかった光景だ。

消費者は大きな駐車場を完備した

総合施設にこぞって出かける。

便利になったのは事実ではあるが、

個人経営が多く集まる商店街が

閉店の危機に陥っていることは

言うまでもない。

弱肉強食とは言ったものの

戦艦大和に足漕ぎスワンボートで戦いを挑むみたいなもの。

束になってスワンボートで立ち向かっても

戦艦大和が横を通過するだけで大きく揺れ

ひっくり返り転覆する可能性だってある。

 

何でも揃う便利なお店もいいが

商店街など古き良き日本の文化も

残していかなければ・・・・

なにか寂しさすら感じる。

1 / 3123

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売