山運ブログ

月別アーカイブ : 2014年4月

2014
04.29

なんだかなぁ~

ネットを見ていたら

こんなニュースがあった。

以前にもブログに掲載した

韓国の沈没船の話だ。

お国柄なのか

偽装した報道が非常に多いらしい。

 

例えば

「行方不明者の数が全く違う」とか

「遺体で発見された人の殆どが指を骨折している」とか

「民間ダイバーも懸命に捜索している」とか

「被害にあった遺族代表が全く関係ないひと」とか

「休憩中のダイバーに水をかけ

 不眠不休で作業している」とか

 

何でしょうね。

 

遺体の指の骨折は逃げるのに必死でドアを開けようとして

骨折し、沈没する船内の臨場感を出すために

嘘の報道をしたそうだ。

 

民間ダイバーなんていないそうです。

 

遺族代表は次回の選挙に出る予定の議員サンが

自分の票を勝ち取るための

いわゆる営業だそうです。

 

とある国の報道では

日本製の船だから転覆したと報道してました。

 

その報告を受けた

安部総理は官僚の前で思わず

こう言ったそうです。

「ゲロゲロ」

 

※安部総理の話は嘘です。あしからず・・・

2014
04.28

九州部隊

以前ブログに紹介した

福岡都市高速に派遣している

セルフ2台が

ゴールデンウィーク抑制の為

一時的に昨日 帰還した。

 

今朝から会社に出勤しているが

仲間との久しぶりの再開とあって

九州での仕事内容などの

雑談で盛り上がっている。

九州出身の2名が言っているので

なぜか九州なまりに。

 

5月末まで続く工事。

5月7日から再開。

無事故無災害で頑張ります。

2014
04.24

good job!!

以前ブログで紹介した特命回送。

あの回送が中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋様に評価され

なんと、感謝状を戴きました。

雪氷表彰⑥

表彰は中日本ハイウェイ・メンテナンス 彦根事業所内で

行われ、中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋

代表取締役社長 中森社長から

作業に携わったすべての方に

感謝の言葉と労いの言葉が話され

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関東甲信越地方を襲った

ゲリラ豪雪に携わった10名が表彰され

会場には約200名の参加者の前で

中森社長から

お褒めの言葉を数多く戴き

終始緊張していた山本社長。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋さま

株式会社 中栄さま

誠に有難うございました。

2014
04.23

中部切削業協会

中風切削組合総会①

昨日 中部切削業協同組合の総会が

名古屋市内で行われた。

以前のウェブログ(ブログ)にて紹介した

関西切削業協同組合の中部版だ。

 

やはり今回も関西同様

総会後に勉強会が行われ

山運は安くて早いとか

山運は車がカッコいいとか

山運の運転手は男前が多いとか

きっと そんな議題だったのだろう。

その後 懇親会が開催され

会場は山運の話で持ちきりに・・・・・

中風切削組合総会②

 

 

最近 若い女子の間では

妄想するのが流行っているそうです。

乗っかってみた。

2014
04.22

どうするんだろう

韓国でフェリーが転覆したニュースは

皆さん御存知だと思いますが

誰しもが思いませんでした?

「サルベージ船で釣り上げるって大丈夫?」と。

6,000トンある巨大な船を

海中から引き上げられるのか?

浮袋を大量に使い

船体に浮力を与え

それで釣り上げる。

なんて言ってますが

理屈的には分かります。

空気を入れた風呂桶を湯船に入れれば

かなりの力で浮き上がろうとします。

これと似たような原理だと思う。

ここで疑問。

水中では浮力を使い

持ち上げることは可能だと思いますが

水から出た場合

浮力を失い

一気に6,000トンがワイヤーをはじめ

サルベージ船に重量がかかり

ひっくり返ると思いますが・・・

物理的に

地上でも6,000トンを釣り上げる

クレーンって存在するのだろうか?

 

沈んでる船体を動かすと

現存している空気の位置も変わり

懸命に生き続けている

生存者も残念な結果になってしまうのでは

無いだろうか?

 

仮に水中で反転させたとして

空中に船体が出た場合

当然 船内の水が一気に

船体のあちこちから吹き出し

その水が滝のように

亡くなった方も海に

落ちてしまうのでは無いだろうか?

 

いい加減

意地を張るのをやめて

韓国だけでの対処ではなく

日本やアメリカ 中国などにも

救援を求めたほうが

最善の方法が見つかるのでは無いかと思いますが・・・

1 / 41234

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売