山運ブログ

月別アーカイブ : 2014年8月

2014
08.30

夏休みの天気

自由研究テーマ

『夏休みの天気について』

発表者   TARO YAMAUN

 

 

気がつけば来週から9月。

そして今朝は秋を感じさせるほど

肌寒かった。

8月に入り大阪では35℃以上 猛暑日になった日は

1日も無いらしい。

名古屋でも強烈な暑さを感じた日は

数えるぐらいしか無い。

そこで調べてみた。

 

2014年8月

最高気温が35℃以上になった日 = 8日

最高気温が30℃に満たなかった日 = 9日

晴れた日 = 10日

 

2013年8月

最高気温が35℃以上になった日 = 18日

最高気温が30℃に満たなかった日 = 2日

晴れた日 = 26日

 

2012年8月

最高気温が35℃以上になった日 = 8日

最高気温が30℃に満たなかった日 = 0日

晴れた日 = 25日

 

2011年8月

最高気温が35℃以上になった日 = 9日

最高気温が30℃以下になった日 = 5日

晴れた日 = 19日

 

2010年8月

最高気温が35℃以上になった日 = 16日

最高気温が30℃以下になった日 = 1日

晴れた日 = 22日

 

これだけでも分かるように

今年は異常であることが分かる。

晴れた日が10日しか無い。

30℃にも満たない日が9日。

まさしく冷夏。

 

以上で自由研究の宿題を終わります。

 

 

 

 

おまけ

 

最近 ネタが無いと

天気ネタが多くなっている気がする。

そこで調べてみた。

8月だけで

今回のネタを含め5回。

9月は天気ネタ封印でいきます。

2014
08.28

水泳

昨夜GYMに行った。

最近はプールでウォーキング。

1時間 花ガラの水着を着た

熟女の後ろを黙々と歩く。

 

後ろ向きで歩いたり

太ももを大きく上げて歩いたり

大股で歩いたり

1時間歩くと意外に

クタクタ&汗だくになる。

 

黙々と歩いている横を

バシャバシャと泳ぐ子供達がいる。

将来の東京オリンピックを目指す子供達だ。

90分間 ひたすら泳いでいる。

クロールだったり背泳ぎだったり

バタフライだったり

ただひたすらに泳ぐ。

タイムを計測する訳でもなく

休憩もなく 拷問の様に泳いでいる。

男女問わず 約30名が泳ぐ。

まさしく異様な光景である。

肉体は中学生の体つきではなく

ヒョロヒョロ。

そして余分な肉がなくムキムキ。

腹筋はバッキバッキに割れている。

 

彼等達は泳ぐ前に

コーチから1枚の紙を渡され

それを見てトレーニングしているようだ。

 

歩きながら考えた。

私の行っているGYMは

東証にも上場している会社であり

体操選手を多くオリンピック選手に選出している。

北海道から沖縄まで

数多くのGYMがあり

おそらく、日本全国で同じ練習プログラムが

組まれているのだろう。

そして、小さい頃から

決められたプログラムで練習し

その中に ダイヤモンドの原石を探しているのだろう。

 

現に 私が行っているGYMにも

現在アメリカで行われている

第6回ジュニアパンパシフィック大会に

出場している。

掲示板に写真入りで掲載され

確かに、見たことある女の子だ。

いつも練習後にプールサイドで

ストレッチをしている子だった。

日本代表に選ばれた子の横で

ポッチャリ王子が歩く。

想像しただけでも

おかしくありません?

 

ちなみにその子15才。

バタフライ女子 200㍍の代表です。

頑張って 東京オリンピックに

出場してもらいたいものだ。

2014
08.27

看板製作賜ります。

IMG_0105.JPG

当社で製作しました。

IMG_0106.JPG

廃材を利用し地球環境にも優しいです。

IMG_0107.JPG

御用命は会社まで連絡下さい。

IMG_0108.JPG

2014
08.26

適正セミナー

愛知県貨物自動車運送適正化事業実施機関が

主催する適正化セミナーに参加した。

名古屋市熱田区にある名古屋国際会議場にて

参加者数 約400名で行われた。

内容は

『燃料サーチャージ導入に向けての手法について』

IMG_0102.JPG

皆さんもご存知の通り

異常事態とも言えるほど

燃料が急騰しており

我々運送業界では非常事態と言っても

過言ではない。

そこでトラック協会が進めている

燃料サーチャージ導入についての勉強会だ。

IMG_0103.JPG

航空業界では既に導入が終わっている

サーチャージを陸運業界でも

進展させようとしている。

が、正直 このブログは勉強会が始まる前に

更新しているので、内容については

お答えすることは出来ないが

会場の設備環境及び資料から見て

おそらく会場を暗くして

PowerPointを中心とした

一方的な説明会が予想される。

はっきり言って

1次下請けや2次下請けなら

サーチャージを導入することに対して

前向きな対策を取ることもできるだろうが

陸送業界当たり前に

5次 6次下請けの場合は

請求をしたところで

もらえる可能性は極めて低いと思われ

その下部の下請け業者にサーチャージが

浸透出来る方法を

全国のトラック協会が率先して行なわなければ

何も変わらないと思います。

この手の勉強会は

大抵 昼寝に来る人が多い。

もう少し質疑応答を多くし

参加者全員が参加できる

勉強会にしないと

全くもって予算の無駄である。

ここで勉強会が始まったが

予想通りの展開になり始めている。

会場が薄暗くなり

エアコンも程よく効いて

そしてマイク片手に

PowerPointを読むだけの勉強会。

開始から10分が経過した。

意味もなく下を向いている人が

半数以上だ。

やり方を考えようよ。

トラック協会さん。

2014
08.25

8月でしょ?

8月って言えば

快晴が続き

道路には陽炎が見え

朝早くから蝉の声が聞こえ

夏休みの子供達が

自転車で市民プールに行く姿を

見かける季節であるが

8月になって

ピーカンに晴れ渡った日が

いつあったのか?思い出せないぐらい

どんよりとした日が続く。

 

このまま

秋に変わるのだろうか?

 

1 / 512345

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売