山運ブログ

月別アーカイブ : 2015年8月

2015
08.31

疑問がわいた。

居酒屋のテレビを見ながら思った。

 

{織田裕二 今年もテンション低かったなぁ。

 「ゲイが来た!ゲイが来たぞ!!ゲイだぁ~!!」

  何年か前に叫んでたのになぁ。

  でも・・・

  なにかでウサインに勝つ方法って

  無いのかなぁ?

  そうだ!?

  ウサイン バックで走ったらオレ勝つかも。

  ウサイン(後ろ向) VS 太郎(全力疾走)

  いやっ 待てよ。

  相手は天才だ。

  念のために

  その場で10回 回ってからバックで走る。

  これなら勝てるかも・・・

  クックックッ・・・・}

なんて思いながら焼酎を飲む。

 

さらにさらに

{競技を増やせばいいんだ。

 100m バック 男女。

 200m バック 男女。

 100×4リレー バック 男女。

 垂直跳び。

 走り幅跳びではなく

 幅跳び。

 100m 欽ちゃん走り 男女。

 100m×4リレー 欽ちゃん走り 男女。

 フルマラソン 欽ちゃん走り 男女混合。

 クックックック・・・・

 こりゃ、織田裕二も喜ぶに違いないぞ。

 「ゲイが欽ちゃん!ゲイが欽ちゃん!!欽ちゃ~ん!!!!」

 なんて叫ぶに違いないぞ。}

なんて思いながら焼酎を飲む。

 

花子「なにあんた。ニヤニヤして気持ち悪い。」

 

デタ━━━ヽ(゚Д゚*)ノ━━━ !!!!!

2015
08.29

冒険者たち エピソード.1

この物語は

若干 盛っている部分も

ありますが

ほぼ実話であります。

 

 

 

 

 

 

太郎が小学校3年生の話。

若くして

人生のターニングポイントを迎えた。

それは

大人の都合で

転校を余儀なくされた。

 

1学期までは

一宮市の小学校に

2学期から

稲沢市の小学校に通う事になった。

一宮の小学校では

終業式の日に転校する事が

先生から友達に告げられ

「お別れ会」まで

して頂き

小さい私の不安な気持ちを

少しでも和らぐ為の

粋な計らいだったのだろうか。

最後に友達の前で挨拶した。

不思議と悲しくもなく

ドキドキ感が強かった。

 

 

 

新学期 初日

クラスもわからない太郎は

校長室にいた。

おそらく転校生ばかりだろうか

数名の生徒がいたのを覚えている。

そこに

始業式を終えた担任の教師が現れる。

バーコード頭の

ベテラン教師だった。

この教師こそ

私の人生を大きく変えた人物である。

名は岡山先生(仮名)。

 

転校先の学校は

古い校舎で

トイレに関しては

ポットン便所。

小便器は無く

壁に向かって「シャー」っと

掛けるタイプのヤツだ。

現代風で例えるなら

壁ドンならぬ壁シャー。

だから結構匂いがキツかった。

校庭の隅に

木造づくりの

外用トイレがあった。

そこが強烈な匂いを放つ。

当然 ポットン&壁シャー。

そんなトイレには

必ず伝説があった。

行方不明になった人がいるとか

使用禁止のトイレは

むかし殺人事件があったとか。

転校する一年前まで

戦前からあったであろう

木造校舎があったそうだ。

プールは浅いのが一つ。

運動場は狭く

体育館は古くて暗い。

この体育館の舞台の下には

卒業式等で使用する

折りたたみ椅子が保管されている。

コンクリートに囲まれ

窓もなく

夏でもヒンヤリした

不気味な倉庫が存在した。

小3の太郎には

秘密めいた小学校。

なぜだか新鮮な感じだった。

なにせ

一宮の学校は

運動場、体育館も広く

トイレは当然 水洗トイレ。

プールに関しては

低学年用の浅めのプールと

高学年用の深めのプールの2種類あった。

校舎も鉄筋3階建てが2棟あり

当時にしては

かなり進んだ小学校だった。

 

 

3年1組になった。

職員室は2階の東端にあり

3年1組の教室は

同じ階の西端にあった。

一見 直線的に思えるが

途中には新校舎と旧校舎の繋ぎ目があり

そこには数段の階段が存在した。

なので

教室から職員室を見ることは

出来ない構造だ。

 

岡山先生と校長室を出た太郎は

100mはある長い廊下を歩く。

夏休み明けの初日でもあり

放課終了後の廊下は

「キャッキャ」と

生徒たちが

走り回っていた。

 

3年4組があり

数段の階段を下り旧校舎へ。

旧校舎に入るや否や

1階へと降りる

薄暗い階段。

薄暗い階段の壁には

卒業生が作った

JR稲沢操車場の

かなり巨大な版画が飾られていた。

これが不気味さを増幅させているのだ。

この不気味な階段を過ぎると

これまた不気味なトイレがある。

そのトイレの西隣に

3年3組があり

西隣に3年2組。

その西隣が3年1組だ。

その西隣には

なぜか2年4組があり

その隣は1階への階段。

この階段は大きな窓もあり

明るかったので

旧校舎では皆

この階段を使っていた。

階段の奥にはもう一つ

教室があったが

旧 美術室か何かで

使用されていない。

これまた

恐怖をあおる教室だった。

 

 

「起立!!」

「礼!!」

「おはようございます。」

「着席!!」

岡山「今日から友達が増えます。」

太郎「一宮から転校してきた山運太郎です。

   よろしくお願いします。」

パチパチパチパチ。

よく見る転校生の光景。

この場合

たいてい 後ろの方の

机が用意され

誰かが足を出し

それにつまづき転ぶ。

そんなシナリオが

あるあるパターン。

が、

太郎の場合は

一番前。

しかも出入り口に近い

一番前だ。

{いきなり一番前かい!!}

と、思った。

 

岡山「それでは夏休みの宿題を

   提出してもらいます。」

太郎は一宮の担任の先生から

夏休みの日誌は共通だから

これだけは

やっておいた方がイイと言われ

日誌だけは持っていた。

岡山「なにからいこうかな?

   よし、習字からもってこ~い」

皆が教卓の前に並び出した。

列が無くなり

岡山「忘れた人、手を上げろ」

数名が手を挙げる。

岡山がこちらを見る。

岡山「おまえは?」

太郎「はぁ?」

今日転校してきたんですけど・・・・・

岡山「忘れた人、後ろに並べ」

今週の予定と書かれた黒板の前に

数名の男子が並ぶ。

その中に太郎。

岡山「なんで忘れた?」

生徒①「やってあるけど家に忘れた。

    あいたたたたた~!!」

声のする方を見ると

岡山が両手で

こめかみの髪の毛(もみあげ)

を引っ張り上げている。

生徒②「いてててててててて~」

岡山「なんで忘れた?」

太郎「いや、知らんかった。

   あでででででででええええええ~」

 

そして岡山は

教壇の黒板の隅に こう書いた。

{夏休み習字  瀬中(仮名)

        菊川(仮名)

        太郎}

これが

すべての

始まりだった。

 

「to be continued」の画像検索結果

2015
08.28

オレだけかも

世界陸上で

日本代表の

サニブラウン君。

16歳の若さで

準決勝進出。

残念ながら決勝まで行けなかったが

東京五輪には

間違いなく決勝に残る逸材だ。

 

で、

申し訳ない。

 

初めてサニブラウンと聞いて

サニーブライアンを思い出した。

本当に申し訳ない。

サニーブライアンとは

馬である。

あっ!!

でもね

強かったんですよ。

一瞬ですが。

皐月賞とダービーを勝った

2冠馬なんですよ。

人気薄の大穴でしたが・・・

でもね

ダービー買った後

菊花賞を勝って

三冠宣言してましたが

ダービー終了後に

骨折してたみたいで

その後

治らずに引退した馬。

サニーブライアン。

色も似てました。

サニ君と。

 

いやぁ~

ホント

申し訳ない。

ごめんね

ブライアン

って、そっちかい‼

2015
08.27

従業員募集

拝啓 初秋の候、ますますのご健勝のほど

お慶び申し上げます。平素は、弊社の営業活動に

多大なる御支援、御協力賜り厚く御礼申し上げます。

 

さて、弊社のグループ会社であります

株式会社オー・ピー・エスが従業員を募集いたしております。

業務内容は大型車両を中心とした

点検・整備業務となります。

その他 詳細につきましては

御電話・メールを

いただければ御説明致します。

 

また、弊社のドライバーも若干名

空きがあり、現在募集中でございます。

こちらも詳細につきましては

御電話・メールいただければ

御説明致します。

 

大変御多忙中、誠に恐縮ではありますが

謹んでお願い申し上げます。   

                敬具

2015
08.26

地獄谷

先日 地獄谷に行きました。

自然の猿が温泉に入る珍しい場所。

世界的にも有名で

水を嫌う猿が

温泉に浸かる

珍しい猿。

  
こいつらだ。

この場所は長野県の北部にあり

険しい山道を

車で登って行き

20分程 山道を歩いて

猿山に到着する。

この猿たち

毎日 温泉に浸かりに来る。

  
メッチャいます。

数百はいます。

人間慣れしてるので

カメラをかざすと

逃げることもありません。

温泉の脇に

もくもくと湯気が立ち上り

源泉掛け流しで

本格的な温泉です。

近くには

こんなものまで

  
インチキ臭く噴き上がってます。

  
外国人観光客も多く

飽きることない

オススメ観光スポット。

  
この後  

湯でのぼせたのか

 
マヌケなポーズをしてくれました。

オススメです。

1 / 41234

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売