月別アーカイブ : 2016年1月

2016
01.29

ステルス

日本初のリージョナルジェット

MRJが名古屋の空を

飛んだことは記憶に新しい。

そして、また

名古屋の空に

新たなる翼が

舞い上がろうとしている。

「F3」(仮名)。

航空自衛隊初の

ステルス機能を

搭載した戦闘機。

 

現在 航空自衛隊

三沢基地・築城基地・松島基地に

配備されている「F2」戦闘機。

以前 このブログで紹介した

「F2」(バイパーゼロ)は

F-16戦闘機を

日本の技術で改造し

新たに「F2]として

日本国内の防衛の

任務に就いている。

アメリカ空軍が

「ゼロファイター(ゼロ戦)の再来」と

言う程の出来栄えであるが、

1機作るのに

莫大な予算がかかる為

日本国内の

航空自衛隊の主力戦闘機は

輸入したF-15が

殆どである。

その「F2」の老朽化が進み

後継機として期待されている。

 

「F3」の基本は

アメリカ空軍の

「F-22」(通称 ラプター)が

ベースとされる。

 

ここ近年

世界各地で

ステルス戦闘機の開発が進み

特に中国・韓国でも

ステルス戦闘機の研究開発が行われ

日本でも研究を急ぐ

必要がある。

そのため

今回の「F3」戦闘機が

急ピッチで開発が進んでいる。

 

ところで

日本のステルス技術って

どこまで進んでるの?

自国の技術を

優位に思うつもりは無いが

おそらく

世界各国を飛行しても

レーダーに捉えられる事

無いレベルでは

ないだろうか。

そんなステルス技術が

中国にコピーされる事は

百も承知。

個人的な見解であるが

ステルス機を

発見できるレーダーシステムも

開発中なのか

それとも

開発済み、なのでは無いかと思う。

 

ステルスと言うと

どうしても飛行機を

想像してしまうが

船でもステルス化が進んでいる。

日本の海上自衛隊の

潜水艦のステルス技術は

ずば抜けて開発が進み

オーストラリア海軍が

日本の潜水艦技術に

興味を持ち

共同開発化まで進もうとしている。

 

なら、どれだけ凄いのか?

 

アメリカ海軍と海上自衛隊との

合同演習の時

アメリカ海軍は

自慢の空母艦隊が登場。

アメリカの空母は

単体行動は絶対にしない。

周りには空母を守る

イージス艦・駆逐艦・潜水艦の

数十隻の陣形で固められ

空母を攻撃する事は

難しいと言われている。

 

米海軍は

海自の潜水艦を探すも

見つからず

海自も潜水艦も

発見されないまま

数日が経過し

互いがトラブルに

遭遇したと思い出した頃

しびれを切らした

海自の潜水艦は

米海軍の空母の横に浮上。

「トラブル発生ですか?」

と、米海軍に・・・・

 

嘘のような、ホントの話。

 

2月中旬には

初飛行の予定。

日本の航空産業に

また一歩

新しい1ページが

刻まれる。

2016
01.26

伸び悩む

う~ん。

 

悩む。

 

ナゼだか

 

ブログの閲覧数が

 

伸びない。

 

 

 

ここ最近は

 

200も超えない。

 

平均で160前後。

 

少なすぎる。

 

 

 

でも、たまに

 

知らない人から

 

「ブログ見てますよ」って

 

突然言われる。

 

以外に

 

恥かしい。

 

 

最高閲覧数は

 

月曜から夜更かし

 

放送後の翌日。

 

700近くあった。

 

 

 

また出るか。

 

テレビ。

 

バラエティーは出たので

 

次は

 

ドキュメンタリーだな。

 

「重機回送の裏側」

 

なんてタイトル。

 

放送できない事

 

テンコ盛りだな。

 

ある意味

 

放送されたら

 

閲覧数は1,000を

 

超えるだろう。

 

 

 

でもね

 

もうすぐね

 

フェイスブックに

 

変わるの。

 

今さらだけど・・・・

 

期待しててね。

2016
01.25

血の池

こんな名前の公園が

名古屋市の東部に位置する

長久手市に存在する。

  
閑静な住宅街の真ん中にある。

公園の近くには

長久手城址、長久手古戦場がある。

長久手の戦いと言えば

豊臣秀吉と徳川家康が

唯一、戦った戦で有名だ。

  
ちょっと気持ち悪い

感じで、普通なら名前を変えて

公園にするが、

なぜか、そのまま使われている。

と、言っても

池自体は、現在埋立てられ

存在しない。

血の池と呼ばれた場所は

なぜだか

変わった公園に変貌している。

  
公園の中に踏切がある。

時間になると

【カンカンカン】と

音までするのだ。

  
実はここ

今では交通公園ぽく

変貌を遂げており

園内には踏切の他

信号機まである。

その為か

小さい子供に

自転車の乗り方や

交通ルールを教える親達が多い。

  
血の池公園。

名前は気色悪いが

子供達の安全を守るために

一役買っている

公園なのである。

  
アピタ長久手店の北側にあります。

2016
01.23

噂話

山運のティッシュペーパー。

まだ、ナイショだけど

デザイン変わるってよ。

なんかね

大幅に変わるんだって。

意外に中身スッカスカ

だったから

薄っぺらいタイプに

変わるかもね。

結構

紙はイイヤツ使ってたよね。

だって

たまにさ

硬いやつあるじゃん。

あれで鼻チーンするとさ

痛いじゃん。

何回もチーンするとさ

鼻の皮

めくれる時あるもんね。

紙は変えて欲しくないよねぇ。

しいて言えば

鼻セレブってあるじゃん。

アレいいよねぇ。

紙自体に

保湿性があるっての?

気持ちいいよねぇ。

でも、高いからムリかなぁ。

あとさぁ

どうせ、

事務所に持ってくるならさ

ポケットティッシュとかも

作って欲しいよねぇ。

栄で勤めてた時とかはさ

駅とかジャンカラの前で

よく配ってたじゃん。

今、車じゃん⤴︎

貰えないじゃんね。

女子的には困るのよねぇ。

まもなく

4代目ティッシュdebut

2016
01.22

コラボレーション

  
ER550を積んで

三重県にいます。

  
ナンバーを見よ。

沖縄ナンバーである。

沖縄と一宮のコラボ。

滅多に見れませんよ。

1 / 41234

メールでのお問い合わせはこちら

株式会社山運では、愛知県を拠点に全国に重機運輸、重量物運輸、重量物運搬を中心とした一般貨物運送事業を展開しております。
特殊車輌通行許可証及び先導、後尾警戒業務も致しております。お気軽にお見積り、ご相談、お問い合わせください。

輸送実績

社員紹介

山運の歩み

スタッフブログ

求人案内

OPS

詳細を見る

  • ■一般貨物運送業
  • ■重量物運搬
  • 建設機械、工作機械、橋桁、大型タンク
  • ■重機専用ボデー製作・販売