スタッフブログStaff BLOG

2019
11.26

カテゴリー:雑記

よくある話

リース会社にお願いがあります。

現場に重機を置く際には

輪止めをするのがルールになってます。

写真の様に

輪止めと輪止めを結ぶ紐が短く

キチンと輪止めが出来ないケースが

良くありますよね。

同業者の方や

現場に携わったことがある方なら

「あるある」と言いたくなりますね。

「紐で結ばなきゃイイじゃん。」

と、言いたくなりますが

結ばない時代は

2個で1SETの輪止めが

1個しかない。

とか

輪止めを取らずに動き出した場合

タイヤで踏むと

輪止めが飛ぶことがあるんです。

その飛んだ輪止めが

一般車両に当たり事故になったケースもあります。

その防止の一環で連結されてます。

出庫点検時に輪止めの有無だけでなく

実際に輪止めを装着してみて

紐の長さに余裕があるか確認して頂くと

現場に回送したとき

現場担当者の小言を聞かなくて済むように

なりますので。

あと、トラロープを使用している

リース会社もありますが

あれ

ほどけますから。

普通のロープがベストです。

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

スタッフブログ
スタッフ紹介
事業内容
求人情報
輸送実績
沿革
オーピーエス
フェイスブック