スタッフブログStaff BLOG

2020
01.28

カテゴリー:雑記

まもなく9年

Facebookで御紹介してましたが

鉄腕ダッシュで放送されていた

ダッシュ村の近く

福島県浪江町まで行ってきました。

福島第一原発の影響で

帰還困難地域に指定されていた地域だ。

4年振りだろうか

被災地を訪問するのは。

2011年3月11日の東日本大震災。

あれから間もなく9年が経つ。

津波で被害を受けた地区には

巨大な防潮堤の建設が終わり

見慣れない我々からすると

異様な感じがする。

壁の高さは5メートルはあるだろうか?

まだまだ少しづつですが

復興は進んでおり

国道をすれ違う車両の多くは

ダンプや生コンミキサー車が多い。

震災直後から何度も陸前高田に

回送していた頃を思い出す。

原発事故が起きた双葉町に近づくにつれ

沿道沿いにはビジネスホテルが多くなり

仮設現場事務所も多く目にする。

双葉町の看板を通過すると同時に

国道脇に立ち並ぶ店舗や家屋には入れないよう

蛇腹のバリケードがあり

脇道に入る道路には

ガードマンが立ち

許可車両でないと入場できない。

7年前くらいだろうか?

以前通過した時と

何も変わらない風景。

しいて言えば

沿道に立つ店舗の看板が

色あせて白くなり

草木が遠慮なく映え茂っている。

防潮堤や真新しい建売住宅が立ち並ぶ

復興途中の町とは

全く持って違う。

双葉町の看板を境に

見えないカーテンがある感じで

2011年3月11日のまま停止したままだ。

1.71マイクロシーベルト。

白い作業服を着た作業員

道路脇に溜まった落ち葉を搔き集めていた。

長時間の停車は御遠慮ください。

各リース会社の錆び付いた

バックホウ。

赤色灯を回して

巡回するパトカー。

9年経過はしたものの

生活感があったまま

時間だけが止まり

朽ち果てた街並みを見ると

言葉を失う。

今回驚いたのが

帰還困難区域が事故を起こした原発から

かなり離れた山里まで

及んでいるのに驚いた。

今思えば

原発事故が発生した直後から

放射能の拡散分布や

外国人国外退去メールなど

いま行われている

新型ウィルスの対応のような

対策が諸外国では行われていたし

在日米軍も国外退去命令が出ていた。

数か月してから「トモダチ作戦」なんて

やってましたけどね。

まもなく

9年が経過します。

毎年各地で起こる激甚災害。

ハンマーで頭を叩かれたような衝撃な映像

そんな激甚災害が発生しないことを

願うばかりだ。

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

スタッフブログ
スタッフ紹介
事業内容
求人情報
輸送実績
沿革
オーピーエス
フェイスブック