スタッフブログStaff BLOG

2020
03.11

カテゴリー:雑記

あれから9年

東日本大震災から今日で9年。

信号待ちの車の中

大きく揺れる車内。

はじめは東北地方とは言わなかった。

「たった今、関東地方で

大きな地震が発生しました。」

14時46分。

各テレビ局はワイドショーの時間だった。

当時もやっていたミヤネ屋。

千葉県内の石油コンビナートが

燃えている映像を覚えている。

そして大津波警報発令の字幕。

到達時間が表記され

ヘリからの映像で

一直線に伸びる白波。

港から避難する数多くの漁船。

防潮堤を乗り越える黒い海。

流される車。

壊れていく家屋。

屋上に避難し凍える寒さで

しゃがみ込み救助を待つ人。

我々はただ

呆然とCGのような映像を見てるしかなかった。

その日の夜には特番が組まれ

CMはすべて「AC JAPAN」。

日が暮れて全容が明らかになるのは

3月12日の早朝からだった。

以前のブログにも

同じ記事を書いた記憶もあるが

あちこちを通じて

回送依頼が入った。

重機ではなく

日常品の依頼だ。

米や燃料、生活用品の依頼ばかりだった。

重機を動かしたくても

軽油が手に入らない。

ドラム缶に何十本分も軽油を詰め込んで

福島県の郡山市まで

大至急回送してほしい。

情けない話

危険物の資格を持ったドライバーがいない、だの

繁忙期でそんな余裕ない、だの

結局行くことはなかった。

今でも後悔している。

その苦い記憶があるので

今では災害復旧を

現況の仕事を断ってでも

優先的に受けるようにしている。

バックホウなど重機の回送依頼は

今思えば随分と経ってからだった。

3月1日現在

行方不明者の数は2529名。

避難生活を余儀なくされている方は4万7773名。

つい先日も

福島県浪江町に重機を回送したが

町の一部は解放されていたが

海岸沿いではなく

鉄腕ダッシュの

ダッシュ村があった山間部分の

ほぼ帰還困難区域であり

汚染されたトンパックだろうか

多く山積みされていた。

あの光景を見てしまうと

きっとあと10年経っても

変わらないんだろうと思う。

管 直人首相時代の民主党政権。

民主党だから復興が遅れたとか

自民党なら

もっと早く復興に着手出来たとか

いろいろな事が言われてた。

9年経った今

間違いなく言えることは

当時が自民党政権であったとしても

あまり変わらなかっただろう。

災害に強い

強靭な日本を作る。

今となっては

そんな日本を作ったとしても

国民を守る事なんて

出来ないだろう。

強靭な日本を作るのであれば

今の指導者たちを

総入れ替えする必要があると思う。

今の日本は

あのクルーズ船で行われていた対応と

変わりないのだから。

 

東日本大震災をはじめ

熊本地震

西日本豪雨

台風15,19号で被災され

今も避難生活を余儀なくされている方へ

1日も早い復旧復興が

進みます事を

心より祈念いたします。

また、お亡くなりになられた方の

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

スタッフブログ
スタッフ紹介
事業内容
求人情報
輸送実績
沿革
オーピーエス
フェイスブック