スタッフブログStaff BLOG

2020
04.06

カテゴリー:雑記

寒気がした

中部国際空港です。

法事と従業員の面接を兼ねて

先週沖縄にいました。

そして昨日帰って来たんですが

コロナの影響により

4月より中部国際空港の

国際線が入出国できなくなり

完全国内線のみの営業が始まった。

写真は国内線の手荷物検査場だ。

時間的にも出発時間が少ない時間帯もあるが

全く持って人がいない。

空港自体が静まり返り

空港で働く職員達の方が断然に多い。

そして暗い。

国際線出発ロビーはほぼ無人だ。

ガードマンが巡回で歩いている程度。

行先表示板には出発時刻と目的地

航空会社がいつも通り表示されているが

当たり前だがすべてキャンセル(欠航)。

通常空いているはずの

出国の入口もシャッターが閉まり

なんとも言葉を失う光景。

人がいません。

飲食店が立ち並ぶエリアも

数多くシャッターが下ろされ

4月3日(土)より休業いたします。

の、張り紙。

LCCターミナル

通称第2ターミナルにある

フライト・オブ・ドリームスも閉館中。

私が乗る予定だった便も減便になり

時間が変更されたり

東京羽田便などは

当日欠航便が出たり

空でしか行けない那覇空港も

閑散としていた。

ドル箱路線と呼ばれる札幌、沖縄便。

行き帰り共に40人程度の乗客数。

座席数の3分の1程度だ。

何度か中部国際空港を利用したが

あれだけ不気味な空港を見たのは

はじめてだ。

静寂の中に響く

「いらっしゃいませ ど~ぞ~」

お土産売り場からの声。

空港に活気が戻らない事には

日本経済はダメだろう。

なんとかしてくれ

日本政府よ。

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

スタッフブログ
スタッフ紹介
事業内容
求人情報
輸送実績
沿革
オーピーエス
フェイスブック