スタッフブログStaff BLOG

2022
10.14

カテゴリー:雑記

運転技術低下

富士山で観光バスが横転した事故。

ニュースで映像を見て

すぐに思った。

「ブレーキ焼いたな」と。。。

トラックにはフットブレーキの他にも

ギアを落として減速する

エンジンブレーキと

補助ブレーキと呼ばれる

排気ブレーキやリターダーブレーキがある。

乗用車のAT車にも

トヨタの車だとDレンジとBレンジがあり

Bレンジに入れるとエンジンブレーキがかかる。

あれと同じくらい排気ブレーキは効く。

AT車のセカンドレンジに入れた時

もっとエンジンブレーキがかかる。

あれと同じくらいなのがリターダーブレーキだ。

不思議な事に

大型自動車を取得する教習所では

その始動方法を教えてもらえない。

トラックに全く無知な人は

免許を取得しても

会社が始動方法を教えてくれない限り

知らない人もいるかも知れない。

燃費重視の会社によっては

車の性能上

補助ブレーキの使用を控えるように

教育する会社もある。

今回の事故は映像を見る限り

同じバス会社の車両が後方にいた事から

先輩ドライバーと同じ運行経路だったと思われ

独り立ちして

間もない運行だったのかも知れない。

急な下り坂を走る場合

たいてい上り坂の後に下り坂がある訳で

登ってきたギアで

下る事が基本。

3速で登れば

3速で下る。

と、

先輩ドライバーに教えてもらいました。

フットブレーキは極力使用するな。

踏むなら1回で強力に制動させ減速し

低速ギアにチェンジして

エンジンブレーキを使用する。

強力に3回

フットブレーキを使用した場合

待避所等でブレーキを冷却するために止まる。

リターダーブレーキの装備がない

トラックは基本

このようにして急坂を下る。

車の性能が向上し

車を運転している人より

車に運転を操られている人が多い。

あなたはどっちですか?

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

スタッフブログ
スタッフ紹介
事業内容
求人情報
輸送実績
沿革
オーピーエス
フェイスブック