スタッフブログStaff BLOG

2019
02.09

カテゴリー:雑記

予兆?

ここ最近

深海魚が良く上がっている。

「リュウグウノツカイ」

「ダイオウイカ」など

幻の魚と言われている魚ばかりだ。

リュウグウノツカイに限っては

日本海の富山県で5匹も捕獲されている。

深海で何か起きていないと

海上まで浮きあがってくるのは

不自然でしょう?

大地震の予兆ではないか?

なんて思ってしまう。

実際に2011年3月11日

そう、東日本大震災の年も

2010年~2011年にかけて

太平洋側を中心に

リュウグウノツカイが水揚げされているようだ。

ただ、専門家によると

今回は日本海を中心に水揚げされているので

地震とは関係ないそうだ。

ちなみに

ある予言者によると

今年の2月11日~13日

そして2月15日付近に

何かが起こる。と

予言しているらしい。

そして

よく当たると有名な

諏訪大社の占いでは

「今年は災害が多い年」と

予想されているそうだ。

 

でも

動物というのは

人間にはない何かを持っていると思う。

水温が変わったり

振動だったり

音だったり

電気だったり

何らかの反応で浮上している。

地球温暖化が原因と考えるのが

普通かもしれないが

実際にリュウグウノツカイが

見つかった時に

地震が発生しているケースが

極めて多いのだ。

台風や大雪 ゲリラ豪雨などは

ある程度予測できる

ところまで進んできたが

地震に対しては

まったくもって進んでいない。

ある保険会社が言っていた。

先人たちは

深海魚の出現は地震の前触れとして

恐れられていたようだ。

また、中国や台湾などでは

地震魚とか地震を呼ぶ魚と

警戒されているそうだ。

来ないに越したことはないですが

備えだけは

しておいたほうがいいかもしれません。

リュウグウノツカイですから

何か伝えに来ているのかも知れませんね。

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

スタッフブログ
スタッフ紹介
事業内容
求人情報
輸送実績
沿革
オーピーエス
フェイスブック